不動産物件を売りたいお客様へ

査定価格は高い方がいいの?

不動産の売却を検討した際に、まずは「うちの物件はいくらになるのだろう?」と考えます。
しかし、考えていても、時間の無駄です。
そんな時は、迷わず不動産会社に相談しましょう。

一社ではわからないのなら、何社かに依頼してみるのも良いでしょう。
実際、複数社に査定を依頼してみると、
同じ物件だというのに査定額は一定ではなく、かなりのバラつきが生じます。

それでは、高い査定をした不動産会社に仲介を任せるのが一番良い方法なのでしょうか?

答えは、決して「YES」ではありません。
もしも査定額が良かったとしても、それが実際にその価格で売れなければ、
査定額そのものに意味がないからです。

相場よりも高い査定額だったとすれば、当然売値も高く設定されるわけですが、
相場より高ければ、普通の場合売れるはずがありません。

不動産も鮮魚や野菜と同じに鮮度があります。

売れない期間が長期化すれば、当然その物件自体の鮮度が落ちます。
そうなると、相場の価格に下げたとしても売れなくなっていて、
結果としては、残念ながらそれ以上に値下げをしないと売れないという可能性も出てきます。

また、高く売りたいという売主様の心理を逆手に取って、
わざと査定額を高めに算出し、 売却依頼の契約(媒介契約)をとってから、
価格を下げさせようという悪質な業者もいるのです。

高すぎる査定をした業者には、そうした悪意がないとも限りませんから、注意が必要です。
いずれにしても、査定はあくまでも本当の相場を把握するためのものです。
普通に考えれば、同じ物件を査定するのですから、
ピッタリとは言わないまでも、ほぼ似たような金額が提示されるのが当たり前ではないでしょうか?

不動産の仲介業者の優劣は、査定価格の高さなどではなく、
いかに早く、適正な相場で、成約に繋げることができるか、
そして大切なことは、売主様、買主様にとって常に誠実で、
両者がいかに気持ちの良い取引ができるようにするか、
それを実行するだけの力があるかだとアットユーライフでは考えています。

査定するのに必要なものは何?

さて、次はいよいよ不動産会社への連絡です。
その際、事前にご用意いただきたいものがいくつかあります。

まず、中古住宅であれば、
売却を考えている物件の購入時のパンフレットや不動産売買契約書、重要事項説明書等です。
無い場合には、物件所在地、現在所有者等のデーターが最低限必要ですし、土地についても同様です。

また、固定資産税の納付書や住宅ローンの残債を確認するための償還予定表なども用意しておくとよいでしょう。
分譲マンションの場合には、
月々の管理費や修繕積立金、駐車場代など、固定費が分かるものも用意しておきましょう。

少しでもスムーズに、少しでも早く効率的に話を進めたいのであれば、
これらのものを用意しておくだけで、不動産会社からの質問に答えることができますし、
不動産業者もお客様の知りたいこと、聞いておきたいことに対して、より適確な答えが出せるはずです。

最初の段階でより多くの情報が得られた方が、最終的に商談のまとまりは早くなります。
『段取り8分』と言いますが、準備が万全であれば査定価格の提示も早いということなのです。

不動産査定をしてみませんか?
ご質問・ご相談はこちら

お客様のご希望にあった、土地・中古住宅・建売住宅などの物件をお探しいたします。
現在お持ちの土地・住宅・建物が、どの程度の金額になるのか?「無料査定」致します。「売却相談」も承っております。
長野・須坂・千曲エリアで不動産を買いたい、不動産購入をご希望のお客様はこちらから
長野・須坂・千曲エリアで不動産を売りたい、不動産売却をご希望のお客様はこちらから
お引越しのチェックポイント
買い替え/住み替えをご希望のお客様
不動産買取保証サービス
よくある質問

アットユーライフへのお問い合わせはこちらからどうぞ TEL:026-217-8823 FAX:026-217-8824 営業時間|AM9:00~PM6:00 定休日|毎週水曜日