お引越しの流れ

STEP1 引越し1ヶ月前~引越し当日まで

お引越し1ヶ月前 引越し業者手配 電話連絡 転勤や進入学などで2月末~3月がピーク。早目に予約をしておくと良いですね。
学校転校手続き 電話連絡 公立小・中学校は、在籍校から教科書給与証明書と在学証明書を発行してもらい、 住民票の手続きの際に渡される学校指定通知書と一緒に転入する「長野市役所TOP> 市民の皆さんへ > 生活の出来事 > 引越し・住まい > 長野市立小中学校への入学について 」へ提出します。
なお、転入する学校へは予め電話を入れておくと手続きがスムーズです。
その他の学校は扱いが異なりますので、私立中学・高校は私立中学高等学校協会へ。
粗大ゴミの処理 電話相談 市役所または役場の担当部署へご相談下さい。 引き取りまでには時間がかかる場合もありますので早めに手配をしておくと良いでしょう。 「長野市役所TOP> 市民の皆さんへ > 自然・環境・公園 > 環境保全 > ごみを取りに来て欲しい 」をご覧下さい。
STEP
お引越し3週間前 転居挨拶状準備 電話連絡 印刷に出す場合、込み具合により、2週間程度かかるので余裕を見て準備しましょう。
電話の移転 電話連絡 固定電話のお引越しは局番なしの「116」、フレッツ光やひかり電話のお引越しは「0120-116116」へお電話ください。 ネットからでもO.Kです。引越しの旨を知らせ、取り外し、取り付け、インターネット接続サービスやプロバイダーの手配などを行ないましょう。引越しシーズンは込み合いますので、早めに連絡しておいたほうが良いでしょう。NTT東日本 Web116.jpをご覧下さい。
荷造り準備
荷物リスト作成
  段ボール、ガムテープ、ビニールテープ、軍手、ドライバー、スパナ、カッター、はさみ、マジック、ペンチ、六角レンチ、ゴミ袋、掃除用具など必要なものを揃えましょう。
部屋毎や荷造り順に荷物リストを作成しておくと便利です。
STEP
お引越し2週間前 荷造り開始 電話連絡 普段使わないものから徐々に荷造りを始めましょう。
郵便物転送手続き 転居届け 郵便局にある転居届けを記入し提出すると、郵便物を1年間転送してもらえます。「住所・郵便番号から郵便局(ATM)を探す」
STEP
お引越し1週間前 転出届 印鑑
国民健康保険証
印鑑登録証
転出する、市(町村)役所に「30日前から」受付け出来ます。国民健康保険証、印鑑登録カードを持参し、転出証明書を発行してもらいます。「長野市役所TOP> 市民の皆さんへ > 生活の出来事 > 引越し・住まい > 長野市外に引っ越すとき(転出届) 」でご覧下さい。
印鑑登録 印鑑登録 市(町村)役所にて、転出届を出し、印鑑登録カードを返却すると自動的に消去されます。
国民健康保険 保険証
印鑑
市(町村)役所にて、保険証、印鑑を持参し、転出届を出し保険証を返却します。「長野市役所TOP > 市民の皆さんへ > 保険・年金 > 保険」をご覧下さい。
国民年金 年金手帳 転入先の市(町村)役所にて、手続きを行ないます。「長野市役所TOP > 市民の皆さんへ > 保険・年金 > 国民年金 」をご覧下さい。
福祉関係 印鑑 市(町村)役所にて、印鑑を持参し、子ども手当などの資格喪失届を提出します。 ※ 同市区町村への引越しは不要
原付 ナンバー
車両番号交付証明書
印鑑
市(町村)役所にて、ナンバー、車両番号交付証明書、印鑑を持参し、廃車届を提出します。 ※ 同市区町村への引越しは不要
電気
ガス
水道
電話連絡 引越しの3~4日前までに現住所と転出先の受け持ち営業所に連絡しましょう。電気(中部電力)「長野市役所TOP> 市民の皆さんへ > 生活の出来事 > 引越し・住まい > 上下水道局 > 水道の使用開始・中止 」をご覧下さい。
STEP
お引越し前日まで 公共料金等
振替手続き
  引越し先で後日手続きします。
保険・クレジット等
住所変更
電話連絡 それぞれの会社に電話をして住所変更手続きを行ないます。
STEP
お引越し前日 冷蔵庫の
霜取り・水抜き
中のものを全部出してから霜を取り、受け皿にたまった水を捨てておきます。
洗濯機の水抜き 傾けて中の水を取り除いておきます。
ご近所への挨拶 お世話になった挨拶に加え、業者や車両の出入りがあることをお知らせしておきましょう。
STEP
お引越し当日 電気
ガス
水道
各業者の作業に立合い、料金精算なども済ませます。
荷物搬入の立合い 家具や荷物に破損などがないか、トラックの荷台に荷物が残っていないか確認しましょう。
引越し料金
の精算
引越しが終了したら請求書を確認後、料金を支払いは後日振込み等も可能ですので、確認しておきましょう。
電気 ブレーカーを上げる。
ガス ガス会社立会いのもと開栓する。(ガス会社により保証金が必要の場合があります。)
水道 本栓を開ける。(地域により役所へ届けが必要)
※冬季間は凍結防止の為、不凍栓を閉め、蛇口が開けっ放しになっていますので、水出し時は注意が必要です。