不動産購入の流れ

STEP8 確定申告

住宅ローンを利用して不動産を購入した場合、所得税が還付される「住宅ローン控除」が利用頂ける場合があります。この住宅ローン控除の適用を受ける場合には「確定申告」をする必要があります。当社提携の税務・会計のプロフェッショナルをご紹介させて頂きます。詳細は営業担当者にお問い合わせ下さい。。

住宅ローン控除


「住宅ローン控除」(住宅借入金等特別控除)の適用を受けられる方は、ご入居後、確定申告の手続きが必要です。確定申告は、入居した翌年に行います。


確定申告に必要なもの
  • 住宅ローンの年末残高証明書(お借入先より発行)
  • 不動産売買契約書の写し
  • 新住所の住民票
  • 源泉徴収票(給与所得者の方)
  • 土地・建物の登記事項証明書(法務局で取得)
  • 耐震基準適合証明書または住宅性能評価書の写し(※注1)
  • 確定申告書(住宅借入金等特別控除額の計算明細書)
  • 認印
※注1 一定の築年数を超過した住宅の場合、適合証明書の交付を行う適合証明機関から交付

住宅取得資金に係る贈与の特例

住宅購入資金について、親から援助を受ける場合、贈与税が課税されない(または軽減される)特例措置があります。
住宅取得資金に係る贈与の特例の適用を受けられる方は、贈与を受けた翌年に確定申告の手続きが必要です。また、特例を受ける場合、原則、贈与を受けた翌年の3月15日までに入居することが条件となっていますのでご注意下さい。